575/57577(2017年)

 

 

2017

 


プラタナス広げた先へ夏の逝く

tribute

 

秋空や 高い、高い 雲と君

baby

 

「楽しいです」 そうよかったね 秋の空

great.

 

切なさを感じた頃が秋の口

setsuna sa

 

若者の背中越しに夕焼け見る

sunset

 

(2017年10月22日(日))

 

 

濡れ髪をやさしく梳くは春の風

wet hair/spring hands

 

気温にはあらわれぬ春息吹き

spring of the breath

 

空を往くあれは雁だったのか春近し

(空を往く彼は雁なりけり春近し)

a wild goose

 

ただ一輪ごみの山に咲くスイセン

a narcissus tazetta

 

一冬を脱ひでは羽織りいまだ来ぬ

春の遠さを測り給ひてむや

distance

 

「おばあちゃん」湯気にそっとつぶやく

grand mother

 

引き潮に魂さへも流されり

sea

 

何事も一期一会と空に聞く

once‐in‐a‐lifetime

 

人はみな生まれ持つもの捨てられず

"It's me!"

 

(2017年4月4日(火))

 

 

575/57577(2011年)

 

 

2011

 

 

トトトン、と雪解け水の落ちる音

TOTOTON, TO / YUKIDOKEMIZUNO / OCHIRU OTO

 

そうやってできているその裏側を知った時

その浅い底に夢を失う

SOUYATTE DEKITEIRU / SONOURAGAWAWO / SHITTATOKI

/ SONO ASAISOKONI / YUMEWO USHINAU

 

歩く人に追い抜かれ動く歩道

意地でも動かぬ片ひじをつく

ARUKU HITONI / OINUKARE / UGOKU HODOU

/ IJIDEMO UGOKANU / KATAHIJIWO TSUKU

 

煌々ト朧月夜ニ蛙啼ク

KOUKOU TO / OBORODUKIYONI / KAERU NAKU

 

なんだそりゃ にが笑いに茶をすすり

NANDASORYA / NIGAWARAINI / CHAWO SUSURI

 

図書室の水の空間揺れ動く

TOSHOSHITSUNO / MIZUNOKUUKAN / YUREUGOKU

 

ふわふわと綿毛おいかけ笑い合う

FUWAFUWA TO / WATAGE OIKAKE / WARAIAU

 

「ふるさと」を口ずさむ白い息

"FURUSATO" WO / KUCHIZUSAMU / SHIROI IKI

 

足を揃えて歩く冬の朝

ASHIWO SOROETE ARUKU / FUYUNO ASA

 

すきま風よいしょよいしょとたぐる蜘蛛

SUKIMAKAZE / YOISHO YOISHOTO / TAGURU KUMO

 

赤風船ゆらりゆられて秋の空

AKAFUUSEN / YURARI YURARETE / AKINOSORA

 

指ふれてぬくもり伝う秋の夜

YUBIFURETE / NUKUMORI TSUTAU / AKINOYORU

 

秋の風カラカラ鈴の夏なごり

AKINOKAZE / KARAKARA SUZUNO / NATSUNAGORI

 

油断して洗濯ばさみにつねられる

YUDAN SHITE / SENTAKUBASAMI NI / TSUNERARERU

 

風つよく青いそらに雲ながれ

KAZETSUYOKU / AOISORANI / KUMONAGARE

 

夏の空青の川ゆくちぎれ雲

彼岸へ向かう魂に似て

NATSUNO SORA / AONO KAWAYUKU / CHIGIREGUMO

/ HIGAN HE MUKAU / TAMASHII NI NITE

 

静寂に傘をたたく雨の音が

今このときの音の全て

SEIJAKUNI / KASAWO TATAKU / AMENO NEGA

/ IMA KONOTOKINO / OTONO SUBETE

 

冬を裂き雲を吹き消す春一番

後に控える姫を護衛す

FUYUWO SAKI / KUMOWO FUKIKESU / HARUICHIBAN

/ NOCHINI HIKAERU / HIMEWO GOEISU

 

風鈴にカラスも鳴いて二度寝する

FUURIN NI / KARASUMONAITE / NIDONESURU

 

アスファルト5×5=25と白い跡

ASUFARUTO / GOGONIJUUGOTO / SHIROI ATO

 

うす曇り湯気立ち消えし春の朝

USUGUMORI / YUGE TACHIKIESHI / HARUNO ASA

 

梅雨寒く布団の中に雨の音

TSUYU SAMUKU / FUTON NO NAKANI / AMENO OTO

 

固くて冷たい飯も桜の下

KATAKUTE / TSUMETAI MESIMO / SAKURANOSITA

 

桜なきビルの路地にも花弁ひらひら

SAKURANAKI / BIRUNOROJINIMO / HANA HIRAHIRA

 

涙似て静かに落ちる花軌跡

NAMIDA NITE / SIZUKANI OCHIRU / HANA KISEKI

 

さらさらと流れる花吹雪

SARASARATO / NAGARERU HANAFUBUKI

 

夢は寝てみるものか起きてみるものか

YUMEHA NETEMIRUMONOKA / OKITEMIRUMONOKA

 

雲ながれ夏の落ち葉瑞々し

KUMO NAGARE / NATSUNO OCHIBA / MIZUMIZUSHI

 

菜の花につどう瞳アブラ虫

NANOHANANI / TSUDOU HITOMI / ABURAMUSHI

 

虫食いを風に踊らせ蒼葉鳴く

MUSHIKUI WO / KAZENI ODORASE / AOBA NAKU

 

みなづきに木もれ日ゆれしビワの影

MINADUKINI / KOMOREBI YURESI / BIWANO KAGE

 

風雨過ギハラス蒼春八重桜

FU-U SUGI / HARASU SOUSHUN / YAEZAKURA

 

花弁散ラシ幹ヲ伝フ雨咲クラ

HANA CHIRASHI / MIKIWOTSUTAU / AME SAKURA

 

2016年8月23日(火)公開

 

575/57577(2013年)

 

 

2013

 

 

『no_title』

 

トイレにいく時間ももどかしく

"fun! fun! fun!!"

 

シュトーレン一枚ずつ年も暮れ

stollen

 

「仕方ない」と笑う鏡の向こう側

myself/yourself

 

イヤホンをほどく時間も休みかな

earphone

 

芋虫の水に溺れるを見ゆ

imomushino / mizunioboreruwomiyu

 

「餌はやっても野良猫は飼わぬ」卑しき者

その糞のごとき面を見よ

egoist

 

(2013/12/16)

 

【晩秋 四編】

 

しいの葉の虫食いの空を見ゆ

SHIINOHANO / MUSHIKUINO / SORAWOMIYU

 

さわさわとしいの葉の碧ゆれ

SAWASAWATO / SHIINOHANO / MIDORI YURE

 

枯れ葉の雨の中を往く

golden rain

 

枯れ葉の雨の金世界

golden world

 

(2013/11/30)

 

『晩秋初冬 十編』

 

紅葉の黴のごとく山染める

kouyouno / kabinogotoku / yama someru

 

落葉の地に降るほかに音もなし

rakuyouno / chinifuru hokani / otomonashi

 

霧雨の遠く歩む人の影

kirisameno / tooku ayumu / hitono kage

 

朝霧のごとくビルの間を

沈殿するやガスに吐息に

asagirinogotoku birunomawo

/ chindensuruya / gasuni toikini

 

缶チューハイの横にうずくまる

女の肩にかかる朝日

"It will be fine today."

 

秋風に花野の庭園彩世界

akikazeni / hananono teien / sai sekai

 

音もなく枯れ葉を濡らす時雨かな

otomonaku / karehawo nurasu / shigurekana

 

秋深し産毛の舞う朝日かな

akifukashi / ubugenomau / asahikana

 

秋空にJames Tailor軽やかに

"fire and rain"

 

紅葉の枯れる秋の美しさ

kouyouno / kareru akino / utsukushisa

 

(2013/11/25)

 

『no_title』

 

背中とともに丸まる気性かな

an old

 

うえからしたまでもらいもの

a child

 

風もなく穏やかな日にカラス翔ぶ

kazemonaku / odayakanahini / karasu tobu

 

朝焼けに赤子泣いてカラス鳴く

asayakeni / akago naite / karasu naku

 

つり革に手が届くか子供の手

tsurikawani / tegatodokuka / kodomonote

 

(2013/11/18)

 

『秋 十五編』

 

通り雨人も猫も急ぎ足

TOORI AME / HITO MO NEKO MO / ISOGIASHI

 

秋雨にジャズとチーズケーキかな

AUTUMN / JAZZ / CHEESE CAKE

 

秋深く雨のように枯れ吹雪

AKI FUKAKU / AMENOYOU NI / KAREFUBUKI

 

青空にため息ついて秋の風

AOZORANI / TAMEIKI TSUITE / AKINO KAZE

 

枯れ草の色ないまぜ野分かな

KAREKUSANO / IRO NAIMAZE / NOWAKIKANA

 

ひと風に夏の消ゆる野分雲

HITOKAZENI / NATSUNO KIYURU / NOWAKIGUMO

 

つま先の薄皮はがし更ける夜

TSUMASAKINO / USUKAWA HAGASHI / FUKERU YORU

 

台風や悪童のごとき騒がしさ

TROUBLE!

 

台風や人犬猫の目目目目目

WINDOW

 

秋雨や曼珠沙華の銀の粒

RED AND SILVER

 

秋霖や波紋とつとつ水面かな

SHUURINN YA / HAMONN TOTSU-TOTSU / MINAMOKANA

 

水と空アシンメトリー秋の湖

WATER AND SKY

 

深まりて絢爛なるや秋の沼

A SWAMP

 

一面に枯れ色草の紅葉かな

ICHIMENN NI / KAREIRO KUSANO MOMIJIKANA

 

たなびいて物枯れ色の草紅葉

TANABIITE / MONOGARE IRONO / KUSAMOMIJI

 

(2013/10/27)

 

『no_title』

 

路地裏でゴミクズ笑う声がする

Dirty

 

好かれる感謝される誉められる

それだけで人は生きていける

Pure

 

(2013/10/10)

 

『no_title』

 

食べて吐いて金曜日

It's Friday night!

 

月曜のシカバネ累々朝日かな

Monday's killer / Dream is over.

 

(2013/10/10)

 

『初秋 七編』

 

秋の朝白露に映るお天道

AKINO ASA / HAKURONI UTSURU / OTENTOU

 

不知火のいまだ見ぬごとく -世界

SHIRANUINO / IMADA MINUGOTOKU / -SEKAI

 

雨に濡れ花野の色の中に立つ

AMENINURE / HANANONO IRONO / NAKANI TATSU

 

玄関の鈴が鳴って秋の空

GENKANNO / SUZUGA NATTE / AKINOKAZE

 

あの店もこの店も閉じる秋

ANOMISEMO / KONOMISEMO TOJIRU / AKI

 

うろこ雲のどこまでも広がるを

散る波頭のごとく見ゆ

UROKOGUMONO / DOKOMADEMO / HIROGARUWO

/ CHIRU HATOUNOGOTOKU / MIYU

 

どこまでもいわし雲のごとき日々

DOKOMADEMO / IWASHIGUMONO GOTOKIHIBI

 

(2013/10/01)

 

『夏 十編』

 

繁る枝葉切り取る青空仰ぎ見て

夏の訪れ実感す

SHIGERU EDAHA / KIRITORU AOZORA / AOGIMITE

/ NATSUNO OTOZURE / JIKKANSU

 

パンくずを取りあうアリの根比べ

PANKUZUWO / TORIAU ARINO / KONKURABE

 

パンくずをひっぱるアリの大きさよ

PANKUZUWO / HIPPARU ARINO / OOKISAYO

 

しゃくとりのヒョコヒョコ歩くひざの上

SHAKUTORINO / HYOKO HYOKO ARUKU / HIZANOUE

 

シャッター泣き台風のち雲きれる

SHATTA-NAKI / TAIFUU NOCHI / KUMO KIRERU

 

蝉時雨魂運ぶ鎮魂歌

SEMISHIGURE / TAMASHII HAKOBU / CHINKONKA

 

真夏日に蝶のふわりと夕涼み

MANATSUBINI / CHOUNO FUWARITO / YUUSUZUMI

 

こんこんと眠り続け夏の朝

KONKONTO / NEMURITSUDUKE / NATSUNO ASA

 

過ぎし日の空に眺める入道雲

SUGISHIHINO / SORANI NAGAMERU / NYUUDOUGUMO

 

かさかさの祖母の肌と夏の蝉

KASAKASANO / SOBONO HADATO / NATSUNO SEMI

 

(2013/08/16)

 

『夏 九編』

 

夏の昼あけた窓に風ぬけて

すべてのことがどうでもよし

NATSUNO HIRU / AKETA MADONI / KAZE NUKETE

/ SUBETENOKOTOGA / DOUDEMOYOSHI

 

人の気も知らずに青き夏の空

HITONOKIMO / SHIRAZUNI AOKI / NATSUNO SORA

 

山笑ふ遠き日の家族旅行

YAMA WARAU / TOOKIHINO / KAZOKURYOKOU

 

熱帯夜孤独な夜の鈴の音

NETTAIYA / KODOKUNAYORUNO / SUZUNO OTO

 

飛びはねる菜の花畑の夢のゆめ

TOBIHANERU / NANOHANABATAKENO / YUMENO YUME

 

まばゆかしヒマワリ畑の迷路ゆく

MABAYUKASHI / HIMAWARIBATAKENO / MEIRO YUKU

 

カバンを枕にして夏の空

KABANWO MAKURANISHITE / NATSUNO SORA

 

何言かささやきあうアリ2匹

NANIGOTOKA / SASAYAKIAU / ARI 2HIKI

 

水上がり遠くピアノの響けるを

日差しの中に届くままに

MIZU AGARI / TOOKU PIANONO / HIBIKERU WO

/ HIZASHINONAKANI / TODOKUMAMANI

 

(2013/07/26)

 

『no_title』

 

二階から腕を伸ばす「忘れもの!」

NIKAI KARA / UDEWO NOBASU "WASUREMONO!"

 

深海の底に沈む梅雨の夜

SHINKAINO / SOKONISHIZUMU / TSUYUNO YORU

 

偽善とはきれいごとのお仲間です

HYPOCRISY:WHITEWASHING

 

寂しがり恋しがるのさ人間は

A LONELY HUMAN

 

(2013/06/26)

 

『no_title』

 

隣人の味噌汁香り目が覚める

RINJIN NO / MISOSHIRU KAORI / MEGASAMERU

 

新緑や春を飛び越え夏の風

SHINRYOKUYA / HARUWO TOBIKOE / NATSUNO KAZE

 

絵の具にじませ梅雨アジサイ

ENOGU NIJIMASE / TSUYU / AJISAI

 

梅雨の日に並ぶハンガー待ちわびる

TSUYUNO HINI / NARABU HANGA- / MACHIWABIRU

 

(2013/06/06)

 

『春 6編』

 

春の日になめくじの光るあと

HARUNOHINI / NAMEKUJINO HIKARUATO

 

手袋の片ほうだけが春の風

TEBUKURONO / KATAHOUDAKEGA / HARUNOKAZE

 

背もたれにツツジの香る五月晴れ

SEMOTARENI / TSUTSUJINO KAORU / SATSUKIBARE

 

タッと階段下りる休み前

TATTO / KAIDAN ORIRU / YASUMIMAE

 

水温み風吹き抜けて春

MIZU NURUMI / KAZE FUKINUKETE / HARU

 

春風に昔の弁当においする

HARUKAZENI / MUKASHINO BENTOU / NIOI SURU

 

(2013/05/17)

 

『no_title』

 

喫煙の肩身の狭き業のゆえ

KITSUEN NO / KATAMINO SEMAKI / GOUNOYUE

 

信用を失う寂しさ

SHINNYOUWO / USHINAU / SABISHISA

 

自殺という自己表現の虚ろさよ

JISATSUTOIU / JIKOHYOUGENN NO / UTSUROSAYO

 

手の平を転がり落ちる百円玉

小銭も逃げるか我が運のなさ

TENOHIRAWO / KOROGARIOCHIRU / HYAKUENNDAMA

/ KOZENIMONIGERUKA / WAGAUNNNONASA

 

いそがしく走るせなかランドセル

ISOGASHIKU / HASHIRUSENAKA / RANDOSERU

 

空に舞うビニール袋と春の風

SORANIMAU / BINI-RUBUKUROTO / HARUNOKAZE

 

自分に何ができたのか

思い返す 3.11

JIBUNN NI NANIGA DEKITANOKA

/ OMOIKAESU 3.11

 

石鹸の浮かぶ泡をフッとやり

SEKKENN NO / UKABUAWAWO / 'FU' TTOYARI

 

『冬 九編』

 

オーブンのあまった熱に手をかざし

ケトルが沸いては抱きかかえ

O-BUN NO / AMATTA NETSUNI / TEWO KAZASHI

/ KETORUGA WAITEHA / DAKIKAKAE

 

「火の用心」旗のむこうに猫の顔

「HINOYOUJIN」 / HATANO MUKOUNI / NEKONO KAO

 

冬の日の吐く息白く寒椿

FUYUNOHINO / HAKUIKI SHIROKU / KANTSUBAKI

 

寒さに凍え逃げたくても逃げられない

自分が選んだこの場所から

SAMUSANI KOGOE / NIGETAKUTEMO / NIGERARENAI

/ JIBUNGA ERANDA / KONOBASHOKARA

 

雲早くプラネタリュウムのごとき空

KUMO HAYAKU / PURANETARYUUMUNO GOTOKISORA (planetarium)

 

屋根の雪ぽたぽた雫模様

YANENO YUKI / POTAPOTA SHIZUKUMOYOU

 

春近く螺旋階段花開く

HARU CHIKAKU / RASEN KAIDAN / HANA HIRAKU

(螺旋階段に差す陽射しが花びらのような影を作る)

 

春寄りの曇り空の冬の朝

友人と遊ぶ夢を見る

HARUYORINO / KUMORIZORANO / FUYUNO ASA

/ YUUJINTO ASOBU / YUMEWO MIRU

 

仕事なく俺を抜き去る春一番

SHIGOTO NAKU / OREWO NUKISARU / HARUICHIBAN

 

『no_title』

 

合奏の音なりひびく母校を

見上げて遠くうらやむ日

GASSOUNO / OTO NARIHIBIKU / BOKOUWO

/ MIAGETE TOOKU / URAYAMU HI

 

会話の中ふと発せられる一言に

人のやるせなさ思いやる

KAIWANONAKA / FUTO HASSERARERU / HITOKOTONI

/ HITONO YARUSENASA / OMOIYARU

 

麻薬なりカフェインと甘いもの

DRUG / CAFFEINE / SWEETS

 

『雪 七編』

 

雨ふくむ雪の重さに枝しなる

AMEFUKUMU / YUKINO OMOSANI / EDA SHINARU

 

降り積もる傘を払うまた積もる

FURITSUMORU / KASAWO HARAU / MATA TSUMORU

 

初雪に振り袖映える白霞み

HATSUYUKINI / FURISODE HAERU / SHIROGASUMI

 

雪の日に傘もささぬ子供たち

YUKINOHINI / KASAMO SASANU / KODOMOTACHI

 

初雪に寝転ぶ子供どこへいく

HATSUYUKINI / NEKOROBU KODOMO / DOKOHEIKU

 

雪の日の不思議な温かさ

AMENOHINO / FUSHIGINA ATATAKASA

 

こおり雪足元みる江戸っ子よ

KOORIYUKI / ASHIMOTO MIRU / EDOKKO YO

(2013年1月14日 東京、大雪の日に)

 

 

2016年8月23日(火)公開

 

575/57577(2016年)

 

 

2016

 

 

孤独たる人の生は冬の虹

a rainbow

 

変われない人間だっているんだよ

"Change!"

 

ゴマ粒をひとつつまんで花思う

a sesame seed

 

白冬にぷっくり尻の木守柿

puri puri

 

何事も一期一会と空に聞く

one time

 

枯葉舞う黄金の道や冬朝日

kin-iro

 

落ち葉踏み鳩も紅葉を狩るのかな

"saku saku…"

 

冬の日にave mariaの流れゆく

2013.12.10

 

(2016年12月12日(月))

 

まだ若さ残っているかと月に問う

34

 

「どこへ行こう」 旅はそこで終わるらし

daydream

 

園児ゆくホームレスの横未来あり

Where is the future?

 

生きるとは隣り合わせに歩くこと

together

 

たまゆらに生きる命の短きこと

short, short, very short

 

一生は一生二度と来ないのよ

never come, never

 

苦しさは越えなきゃ楽しくならないの

too hard

 

幸せはどこにも転がる団子虫

koro koro

 

(2016年11月14日(月))

 

足るを知り足らぬところに意地を足す

satisfaction / patience

 

不自由も知らなければ自由なし

inconvenient freedom

 

そむけることも必要なんだ人生は

see no evil

 

どこまでも白き月はそこにいる

white moon

 

駆け回る兄を追いかけ車いす

run

 

新聞をボルトのごとく読み抜けり

high speed!

 

閑けさや蛍も蚊も夏の夜

firefly, mosquito, and summer night

 

夏草や刈り取られて夢の跡

summer grass

 

龍の子も飼いなさるか虫のカゴ

a baby dragon in the insect cage

 

夏影に線香流れ空に消ゆ

残り香や薄まり夏の空に消ゆ

a stick of incense

 

緑葉落つその瞬きや夏世界

tamayura

 

向日葵や見上げる目を見下ろす目

"Where do you look at?"

 

鮎釣りの魚の重みや生けるもの

uo

 

すれ違う椨の香をまとう人

すれ違う椨の香りや夏の空

tab

 

アリ並びセミのいのちをちぎるかな

it's a small life

 

野分さり紫苑の衣や墨流れ

inked in

 

階段をのぼり入道駆け上がる

\sky high/

 

青空に手のひら高くプラタナス

the platanus redemption

 

男「次」女「今よ」と蝉時雨

 

(2016年8月29日(月))

 

夏の陽に揺れる楓若葉かな

shiny day

 

空も地も空色づくし梅雨の空

sky color

 

騒がしきアメにカミナリ送り梅雨

"Good-bye, rainy day!"

 

幼少のビワをむく日夏を知る

be-wa

 

夕暮れに浮かぶ綿あめ朱に染まる

sweet cloud

 

(2016年7月26日(火))

 

のっぺりと突いても動かんガマガエル

"I'm taking a shower…"

 

梅雨寒に何を着ようアマガエル

"I don't know!"

 

梅雨入りに清く濡れし額の花

 

虹色のアジサイ人に似たるかな

rainbow color

 

うで組んで駆ける二人の足軽く

Where are you going?

 

光差す碧の中に春夏の

風に抱かれ梅雨の眠らん

spring/summer

 

(2016年6月21日(火))

 

夏草やアスファルトを割ってくる命

 

春小径姫女苑我ひとり咲く

 

鈴蘭や緑葉従え風の中

鈴蘭や緑葉残し先に逝く

ring ring ring…

 

(2016年5月31日(火))

 

閑けさや湖の水面もさみだるる

shidukesaya / umino minamomo / samidaruru

 

奮い立ちやはり座らん春時雨

昂ぶりて冷ます夜寒の春時雨

 

水滴の一つひとつが命なり

water / life

 

花曇り水辺の匂やアマガエル

hanagumori / mizubeno nihoya / amagaeru

 

春の夜に風の音に此の時に

noni

 

我置きて立夏なるなり雲早し

rikka

 

生まれ出で戻れぬままに干からびる

蚯蚓も人も末は違わず

mimi zu

 

葉が揺れる夏が来るよとささやいて

 

(2016年5月17日(火))

 

風に揺れ命さざめく葉桜の

涙落とさん遠き肥後にも

 

(2016年4月16日(土))

 

春雷も浅き眠りに溶けるかな

 

人も木も年輪重ね大樹なる

a growth ring

 

桜降るハラハラヒラリ宵の月

 

花曇り待つはあの人花筏

 

ノラ犬のごとく歩き世を憂う

a stray dog

 

春風に白タオルのなびく朝

a white towel

 

(2016年4月12日(火))

 

明けの月ぽつぽつさくら白きこと

 

桃色に道を染めたる吉野かな

 

重たげに蜜なみなみと椿落つ

 

木蓮のつぼみ柔らか春近し

 

ラジオからスピッツ流れる春の朝

"Robinson"

 

春雨や空気も温む卯月かな

on April

 

汗かきて風や涼しき春到来

 

春小雨ウグイス鳴くもついぞ見ず

 

春陰や雲も重たき夏目坂

 

(2016年4月5日(火))

 

人もなく賑わい離れ山桜

alone alone

 

風光り息吹の匂い春近し

the spring has come

 

雀鳴く巣を作っているのかな

singing sparrows

 

調子外れのうたごえに

更けゆくかな春の三日月

crescent moon

 

明日にて昨日を思う今日の朝

"What's today's date?"

 

(2016年3月28日(月))

 

泡を割り失われしと水替えり

(泡終わり失われしと顧みず)

bubble

 

甘きことドーナツと恋ごころ

so sweet

 

遠く往くアヒルの子ら帽朱く

kindergarten

 

(2016年3月8日(火))

 

 

2016年8月16日(火)公開

 

575/57577(2014年)

 

 

2014

 

 

【秋 三編】

 

軒先に静かに咲く彼岸花

Lycoris

 

しとやかな楓の木も今ばかり

身を燃やさんと紅く色づく

Acer

 

夕焼けや天も地もなくただ赤く

SUNSET

 

(2014年11月4日(火))

 

【初秋 四編】

 

鳴き残るヒグラシの羽の音

T.japonensis

 

秋の風に青空に雲の流れに影に我が息遣いに

flowing

 

雨後の青き中を歩きたる秋

a blue air,

 

夕紅葉空の果てまで赤き海

and a red world

 

(2014年10月7日(火))

 

【晩夏 七編】

 

樹の洞に底なしの命見る

KINO URONI / SOKONASHINO / INOCHI MIRU

 

鳥の羽や緑の中を落ちてくる

A FEATHER

 

黒き実にトンボ誘うヤブミョウガ

KUROKIMINI / TONBOIZANAU / YABUMYOUGA

 

風揺るるサンゴシトウの赤つぼみ

A RED BUD

 

蝉殻の雨に寒く夏の朝

SENKAKUNO / AMENISAMUKU / NATSUNOASA

 

水青く緑濃きかな雨後の園

BLUE BLUE RAIN

 

セミ遠く朱に染まるなり雲の峰

CUMULUS/NIMBUS

 

(2014年9月8日(月))

 

【夏 十編】

 

すだれと青空 夏

BAMBOO BLIND, BLUE

 

ふりはやみふりはやみて朝顔の

ツルの巻くさき水伝う

MORNING GLORY

 

夏の陽にしづかに今もプラタナス

OLD PLATANUS

 

夏空に染井の木も軽やかに

SOMEI

 

雨の間に可愛らしきひつじ草

HITSUJIGUSA

 

風に乗り腕に乗る小蟻かな

SMALL TRIP

 

梅雨明けにヤマモモの葉の身の軽さ

BAYBERRY

 

青空にせみの一声夏がくる

FIRST SHRILL

 

ハルニレの太き株に蝶とまる

JAPANESE ELM

 

黐の花帽子の上に咲かすかな

MOCHINOHANA / BOUSHINO UENI / SAKASUKANA

 

(2014年7月15日(火))

 

【梅雨 八編】

 

雷鳴にぬっと飛びおき送り梅雨

"THUNDER!"

 

夏小道アオに染める若楓

BLUE PATH, SUMMER

 

路地裏に紫煙揺れる梅雨の朝

SMOKIN' RAIN

 

紫陽花のほくろのごとき小蟻かな

SMALL ANT

 

五月雨や孤独な音の満ちる日々

RAIN = TEARS

 

水たまり青と白の水たまり

BLUE AND WHITE

 

姫女苑けなげに咲いて夏来る

ERIGERON ANNUUS

 

春紫苑姫女苑額紫陽花

IASIJAUKAGNOOJEMIHNOIJURAH

 

(2014年06月29日(日))

 

【春 五編】

 

春陰にたんぽぽ綿毛の揺れる朝

fluff

 

おさな子の小さき足に靴履かす

母の背に春の陽は差す

in a sunny day

 

影絵の中で遊ぶかな夕暮れの街や劇場となりぬ

shadow picture

 

蝶が舞いコート重たき白つつじ

white azalea

 

錦鯉 花筏をゆらすかな

nishikigoi / hanaikadawo yurasukana

 

(2014年5月12日(月))

 

【春 九編】

 

走り去るバスの音さえ春陽気

"brororo…"

 

ホットケーキとコーヒー 春

maple & butter

 

ben folds fiveと春風と

"philosophy"

 

春宵に解き放たれし満月夜

full moon

 

夕闇に花の香る春の宵

perfume

 

たおやかな小雨の中のツツジ花

azalea

 

花ちるや走り出す背に恋をする

a shower of blossoms

 

花筏カエルの子も花見かな

tadpoles

 

紅梅の花弁伝ふ朝露に

やがて来る春は映りし

beniumeno / hanatsutau / asatsuyuni

/ yagatekitaru / haruha utsurishi

 

(2014年4月20日(日))

 

『春 九編』

 

砂糖きらめく春日向

sugar

 

幼な子のあしあと消えし春の浜

spring beach

 

夜桜のこっちという声がする

"I'm here."

 

こぶしの庭に咲きたるを

夢に見ながら冬の陽の中

in a sunny place

 

春はじめ澄んだ空に花こぶし

magnolia kobus

 

夢の野を転がり落ちぬ紅椿

in a dream

 

鼻唄の向こう側に桜咲く

humming a song

 

ラブリースプリング桜色

spring, cherry, color

 

桜落ちはらりはらりと春

fluttering petals

 

(2014年4月27日(日))

 

『no_title』

 

飯食いながら津波見る吾等

吾身やとうに風化せん

the person

 

空は遠いいから青いのだ

blue, blue

 

溶け去る時間の行方や我知らず

a lapse of time

 

(2014年3月31日(月))

 

『春 六編』

 

コートの前を開けて春日和

a coat

 

白雲の巡る先に春あらん

destination of the cloud

 

黄昏や夕焼け運河の帰り道

in the twilight

 

風揺るる桜ちょうちん春の宵

a cherry lantern

 

背に合わぬ荷物を抱え走る子の

足音も花となるかな

an entrance ceremony

 

春の夜に風の音を聞く

"blowin' in the wind"

 

(2014年3月31日(月))

 

『春 四編』

 

散髪の頭をなでし春の風

haircut

 

窓際に腰掛け春の空を見ゆ

at the window

 

横顔にうっすら刷く朧月

a hazy moon

 

沫雪の春に溶けて消ゆ

awayukino / haruni tokete kiyu

 

(2014年3月18日(火))

 

『早春 八編』

 

春夜の雨の音も咲くかな

haruyono ameno otomosakukana

 

紅梅やふっくら頬の内裏さま

koubaiya / fukkura hohono / dairisama

 

雪落ちて映える椿の紅の色

camellia

 

春初めまんさく散るらん雪の朝

hamamelis

 

雪しろに魚のはねる川せせら

yukishironi / uono haneru / kawa sesera

 

流氷の鳥飛びたちて波しぶく

drift ice

 

白煙り芽吹く大樹の枝細く

shirokeburi / mebuku taijuno / edahosoku

 

我が空を吹き抜け春風

spring bless

 

(2014年3月9日(日))

 

『no_title』

 

嫉妬をコーヒー流し込む

jealousy

 

しかたない人は死ぬしかたない

"…"

 

(2014年2月23日(日))

 

『水氷 六編』

 

氷柱のピアノや春の音もするかな

an icicle

 

氷柱がさっくり落ちてまた冷える

"oh…"

 

つららから落ちる水に何映る

tsurarakara / ochiru mizuni / naniutsuru

 

雪合戦させるかな江戸の雪

snowball fight!

 

冬の川揺らめく水面穏やかに

遠く鳥の鳴く声を聞く

winter river

 

凍てつく空に川にキリキリと

kiri-kiri

 

(2014年2月23日(日))

 

『雪 六編』

 

いつもより輝けるかな雪の朝

snow morning

 

流れてはとまる吹雪の呼吸かな

snow bless

 

雪の日や犬も子も大興奮

"Bow!Wow!"

 

雪山にあしあとつける親子かな

"It's a small mountain"

 

東京の雪景色や雨に濡れ

Tokyo sleet

 

粉雪に電車を人を時を待つ

time being

(2014年2月9日(日),14日(金) 東京大雪の日に)

 

(2014年2月16日(日))

 

『no_title』

 

いつの世も変わらぬかな学舎の

制服の徒や走りまわらん

a school garden

 

我が心音に生を知る

beating

 

(2014年2月2日(日))

 

『冬 三編』

 

白断の息もできぬ雪しまき

hakudanno / ikimodekinu / yukishimaki

 

如月の雨の匂いや春近く

kisaragino / amenonioiya / haruchikaku

 

春風にピンク色のタオルはためく

spring wind

 

(2014年2月2日(日))

 

『sea』

 

どこまでも人を寄せぬ冬の海

dokomademo / hitowoyosenu / fuyunoumi

 

鰤起し今日もどこかで鳴るのかな

winter thunder

 

無数の命のあぶく波の花

musuuno / inochino abuku / naminohana

 

この海の底は見果てぬ別天地

konoumino / sokoha mihatenu / betsutenchi

 

この海の底は暗く見果てぬも

そこにはたしかに底はある

soko

 

海の色は色々空の色

color

 

(2014年2月2日(日))

 

『冬 六編』

 

寒雷の布団の向こうに追いやれり

"I'm sleeping…"

 

ぎゅっぎゅっと歩く雪の上

snow load

 

霜晴れの引き締まった道をゆく

shimobareno / hikishimatta / michiwoyuku

 

凍滝のつららの先のひとしずく

itetakino / tsuraranosakino / hitosizuku

 

春日陰ひっそり霜の花

haruhikage / hissori shimonohana

 

一月の冬眠る小春日に

猫がのびてあくびする

a cat's yawn

 

(2014年1月28日(火))

 

『no_title』

 

あの時の言葉の意味を今解す

I'm still a boy

 

通い路も5分遅れの別世界

five minutes later

 

一人句を編む喫茶にて

孤独はいつもそこにある

people

 

人類のガイア理論片思い

"James Lovelock"

 

(2014年1月13日(月))

 

『冬 十一編』

 

積もらぬと知るも淡き江戸の華

Tokyo snow

 

曇り日にカラスの黒や遠ざかり

dark and gray

 

小春日の今がこの世の春である

koharubino / imagakonoyono / harudearu

 

もそもそと芋虫の眠る朝

caterpillar

 

初雪の両手を伸ばす冬の窓

hatsuyukino / ryoutewo nobasu / fuyunomado

 

初雪に両手を差し出す冬の朝

hatsuyukini / ryoutewo sashidasu / fuyunoasa

 

散り際の一葉落ちる刻を待つ

a last leaf

 

枯れ原に立つ背を遠く見ゆ

karebarani / tatsusewo tookumiyu

 

枯れ草の風に匂わじ冬の野を

駆け回るらん過ぎ去りし日

winter field

 

夢の転がる枯野かな

yumeno korogaru karenokana

 

雨上がる冬の朝に春を見ゆ

morning after rain

 

(2014年1月13日(月))

 

門松も人も倒る三が日

"HAPPY NEW YEAR!"

 

(2014年1月5日(日))

 

 

2016年8月26日(金)公開

 

575/57577(2012年)

 

 

2012

 

 

『no_title』

 

見よ今日もあの電車も顔だらけ

あれは鏡かこちらも顔だらけ

MIYO KYOUMO / ANO DENSHAMO / KAODARAKE

/ AREHA KAGAMIKA / KOCHIRAMO KAODARAKE

 

水槽の鯉のごとき人の生

SUISOUNO / KOINO GOTOKI / HITONO SEI

 

親に金を借りて帰る日の

電車を待つ惨めなホーム

OYANI KANEWOKARITE KAERUHINO

/ DENSHAWOMATSU MIJIMENAHO-MU

 

うろこ雲セーラー服と秋の風

UROKOGUMO / SE-RA-FUKUTO / AKINO KAZE

 

夏祭り大粒の雨と汗

NATSUMATSURI / OOTSUBUNO AMETOASE

 

夏空にそばをすするボウズたち

NATSUZORA NI / SOBAWO SUSURU / BO-ZUTACHI

 

路地裏で人生助かる声がする

ROJIURA DE / JINSEI TASUKARU / KOEGASURU

 

背中書く文字のアトに笑いあい

SENAKA KAKU / MOJINOATONI / WARAIAI

 

『六月 四編』

 

雲切れて笑顔似たりやおぼろ月

KUMO KIRETE / EGAO NITARIYA / OBORODUKI

 

雨水をなめる猫や梅雨の朝

AMAMIZU WO / NAMERU NEKOYA / TSUYUNO ASA

 

台風夜街娼なき帰り途

TAIFUUYA / GAISHOU NAKI / KAERIMICHI

 

梅雨空に風吹き抜けてソーダ水

TSUYUZORANI / KAZE FUKINUKETE / SO-DASUI

 

『春 八編』

 

雨に咲く桜の花の凛々しくも

滴る雫はどこか寂しく

ameni saku / sakurano hanano / ririshikumo

/ shitataru shizukuha / dokoka sabishiku

 

終わる春流れるそよ風夏の息

揺れるチョウチョウ行き交うアリ

owaru haru / nagareru soyokaze / natsunoiki

/ yureru chouchou / ikikau ari

 

浮かぶ花水溜りに小雨降る

円があらはれあらはれては消ゆ

ukabuhana / mizutamarini / kosamefuru

/ ennga araware / arawaretehakiyu

 

晩春初夏昼下がりには子供らの

はしゃぐ声がよく似合う

bannshunnshoka / hirusagariniha / kodomorano

hashagukoega / yokuniau

 

雨に咲く白つつじの清潔さ

amenisaku / shirotsutsujino / seiketsusa

 

梅雨の夜濡れた風にあたりながら

来たる夏に思いをはせる

tsuyunoyoru / nureta kazeni / atarinagara

/ kitaru natsuni / omoiwohaseru

 

雨の日にふいに訪れる静寂に

ぬれることをしばし忘れる

amenohini / fuiniotozureru / seijakuni

/ nurerukotowo / shibashiwasureru

 

青葉舞う寄せては返す波のように

aoba mau / yoseteha kaesu / naminoyouni

 

四月晴れ腕まくりに虫泊まる

shigatsu hare / udemakurini / mushi tomaru

 

雨の日に干されし布にも吾重ね

AMENOHINI / HOSARESHI NUNONIMO / WARE KASANE

 

ゆきふりにはるのまだかとそらみあげ

YUKIFURI NI / HARUNO MADAKATO / SORA MIAGE

 

金もない紙もないトイレ内

No money, No paper, In the toilet

 

春風に気持ちは晴れぬなごり雪

HARUKAZE NI / KIMOCHIHA HARENU / NAGORIYUKI

 

屋根歩く猫を見る猫を見る

YANE ARUKU / NEKOWO MIRU / NEKOWO MIRU

 

草の根は一人でもやる心意気

KUSANONE HA / HITORIDEMO YARU / KOKOROIKI

 

 

2016年8月23日(火)公開