「自分と時間」

 

 

「自分と時間」

 


無限に続き、無限に広がる階段

その果てしない階段に並ぶのは

生まれてから死ぬまでの、すべての瞬間の自分

赤ん坊だった自分と、魂が消えるまでの自分

過去から未来に続いていく、連続した自分

そのどれもが自分

今この瞬間、未来も過去も同時に存在している

今この瞬間、未来も過去も同時に存在している

今の自分が、一段上の自分になるわけではない

階段に居る、すべての瞬間の自分の

ある一瞬に、ふと気付くだけ

階段に居る自分に、ふと気付くだけ

自分に気付かない赤ん坊は

すべての瞬間の自分が見えている

階段の途中にいる、連続した自分

それが自分だと気付かないままに

だから泣いたり、笑ったりするんだ

階段に並ぶ、色んな自分を見ながら

泣いたり、笑ったりするんだ

階段の途中に居るということ

自分が、ただ居るということ

そこに意味なんてない

どんな金持ちも、どんな貧乏人も

階段の途中に、ただ居るだけ

無限に比べて、一瞬でしかない長さ

そんな階段の途中に、ただ居るだけ

だから、意味を探すんだ

その瞬間に、その位置に

自分が居るということ

その意味を、探すんだ