no_title

 

 

「no_title」

 

 

一つ片付けることは

一つ答えを出すこと

 


/ ※ /
 

 

未来はそれほど

ミライになっていないらしい

 


/ ※ /
 

 

少しズレれば

世界はかわる

 


/ ※ /
 

 

不便は慣れる

不幸は慣れない

 


/ ※ /
 

 

思い出が

自分を作っている

 


/ ※ /
 

 

私は幸せになりたかったのだ

ただ、私は幸せが分からなかったのだ

だから、そこに幸せがあったことに気付かなかったのだ

幸せだったということに、気付かなかったのだ

 

 

575/57577(2018年)

 
 
 
 
2018
 
 
 
 
暑さにもさみしさ混じる秋の風

 

 

 

autumn wind

 


我怒り怒濤のごとく鼻をかむ

"fuABe,Boooooo!!!baSsO!!!!"

 

 

(2018年9月6日(木))

 

 


風を越え 雨の夜を越え 家守り

たくましくあれ 蟻のごとく

 

 

(2018年7月29日(日))

 

 


カミサマノ オトシタ オトガシタ

sound/drop

 


横綱が黒南風白くするのかな

black & white

 


新しき水、群青にはじける

a new water

 


匂い立つ夏の空かたつむり

a snail in summer

 


梅雨過ぎて蝉の鳴き声ついに聞く

a cicada's sound

 


虹色に染まるアジサイ夏来る

niji no iro

 


梅雨明けにぽっと咲く未草

hitsujigusa

 


ああそうか あの雲ひとを 殺すのか

2018/07

 


(2018年7月14日(土))

 

 


五月雨に淡く浮かぶ山の際

mountain edge

 


家なきもの食うものあるから生きている

yanakimono

 


新聞をひとなでしてハサミ入る

cliping out a newspaper

 


雨の音にキムチの辛さ染みわたる

rain drop and kimchi noodle

 


マックにて軍国少年声響く

an old boy

 


東京も鳥から見ればただの街

bird's – eye

 


「あ、そうか」あの人この人 訃報欄

good bye…

 


窓の外騒々しくも送り梅雨

"It's coming!!!"

 


(2018年6月24日(日))

 

 


それ以外見えなくなるのが幸せか

blindness/happy

 


無知こそが自由を生むフロンティア

ignorance/frontier

 


朝3時HDDの音と寝る

sleeping/driving

 


(2018年5月3日(木))

 

 


春来る冬の寒さもよかったな

 
"You liar!"
 
 
 
恋もとむ恋をするため恋もとむ
 
Where is love
 
 
 
湯につかる猿の顔に先祖見る
 
Human is almost monkey
 
 
 
「ボルトはね テクがあるんだ」通学路
 
Possibly you may have
 
 
 
「キガ」という字を書けるか常に問え
 
It should have been eaten
 
 
 
音かなで春夜の雨やしとやかに
 
haruyo

 

(2018年3月21日(水))

 

2018年6月24日(日) 英字を一部修正