「霞み」

 

 

「霞み」

 

 

今日も

この夜空と

電線の網を

見上げながら

道を歩く


汚れたレンズで

街灯を見れば

万華鏡のような

幻想世界

眼鏡を外した

先にある

乱視の世界は

とても綺麗だ


遠くの景色は

輪郭がぼやけ

街頭の光は

結晶のように

形を成す

信号の光も

看板の文字も

車のテールランプも

人の顔も

見たいことも

見たくないことも

はっきり見えなくなる


だから

眩しくて

だから

綺麗に見える


淀んだ瞳が

映す夜空

淀んだ瞳が

映す

夜を

内包した

窓ガラスの

向こう側

嫉妬にまみれた

夢の


今は

うつつか

夢の

つづきか

気ままに瞬く

目映い星

街の水温は

生ぬるい

きれいなレンズに

映るのは

汚れた

現想世界だ


それでは

みなさん

おやすみなさい

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。