「恐れ」

 

 

「恐れ」

 

 

目を閉じている暗闇の中で

しかし私は目を開いている

光の霧がモヤモヤと形を変え

光の点が直線を描く中

私の目には

見えないはずの現実が見える

それは目を閉じながら見える映像

存在しない仮想の世界

そこで私は

在りもしない現実を描き

在りもしない現実に恐怖する

目を開けば

そこには恐れるものなんて何もない

誰も私のことなんて気にしていない

目を閉じていることも

空想の現実に怯えていることも

誰も知らない

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。