「遊星歯車」

 

 

「遊星歯車」

 


世界の中心

それはどこにある?

ハブとなるその場所は

世界中にある

地表を覆い尽くす歯車の群れ

さまざまなギヤが回り続ける世界

あるところではしっかりとかみ合い

またあるところでは不協和音を奏で

錆びついた歯車はギィギィ音を立て

かみ合わない歯車は

ただ空回りを続ける

地面に散らばる枯れ葉のように

空を流れる雲のように

似ているようで

同じものは一つもない

それを知ること

それについて考えること

思いを馳せること

同じ歯車は一つもない

それが、個であるということ

それが、自由であるということ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。