「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」

 

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」

 

以前も書いたが、私は、最近は「原作もの」を見ていない。だが、それでも「これだけは」と押さえておきたい作品はある。「ソードアート・オンライン」(SAO)は、その一つである。いつか原作も読んでみたいと思っているのだが、その「いつか」はいつ来るか分からない。

そんなわけで、アニメ版のことにしか触れられないのだが、この一連のシリーズは、制作陣によって丁寧に計算され、考え尽くされ、そして世界観を大事に作られていることが伝わってくる作品である。また、「仮想現実(バーチャルリアリティ)」という世界を描きながら、それでも「現実(リアル)」から足を離さない、そういうしっかりした軸足を感じられる点も、多くの人に愛される理由の一つではないかと思う。

今回、映画を見るに当たり、一話から見直すことにした。かなりの量だったが、通して見るとまた違った感触が得られ、長いとは感じなかった。映画の時系列が二期終了時の二週間後という設定や、今までのキャラクターが多かれ少なかれ登場していること、何よりアスナが「SAO」時代の記憶を失うことの重さを感じられたという点でも、見直しておいてよかったと思っている。もし映画を見る前に、ネタバレを承知でこの文章を読んで頂いている方には、今からでもテレビシリーズを見直すことを、是非お勧めしたい。

私は、テレビシリーズの中では、最も新しいエピソードの「マザーズ・ロザリオ」編が、特に好きだった。なので、絶対に描いてくれると思っていたシーンが、やっぱり訪れたとき、たった数秒の場面ではあったが、不覚にも少し泣いてしまった。エギル役の安元さんがパンフレットのインタビューでも語っているが、『「SAO」を1期、2期ともに愛してくださっている方であれば絶対に喜ぶような内容』になっているのは、間違いないと思う。

サブタイトルの「ORDINAL SCALE」(OS)は「SAO」や「GGO」と同じくゲームの名前であり、「ORDINAL」には「序数」という意味があるそうだ。「SAO」に対し、「OS」は序数で設計されている、というような話が作中に出てくるのだが、残念ながら私には理解の及ばないところの話である。さらに言えば、実は、私は「ORDINAL」という単語の意味さえ知らず、「普通の」「平凡な」といった意味の「ORDINARY」に近い言葉だと思っていた。なので、映画を見終わり、エイジやユナのことを考えたとき、キリトたちと同じく「SAO」という世界に閉じ込められながら、最前線で派手に戦ったりしなかった人々もたくさんいて、彼らにも自分たちの「SCALE(尺度)」があったという意味も含まれていたのだろうかと思ったりもした。私の勘違いに過ぎないのだが、そう考えてみるのも面白いのではないだろうか。

これからの「VR」「AR」が普及するであろう社会を考える上で、示唆に富む作品である。テレビシリーズ同様、期待に違わない完成度の高さだった。

 

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』

公開日:2017年2月18日(土)
原作:川原礫
監督:伊藤智彦
脚本:川原礫、伊藤智彦
制作:A-1 Pictures
製作:SAO MOVIE project

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。