「ノエイン もうひとりの君へ」

 

「ノエイン もうひとりの君へ」

 

量子力学的に存在すると考えられる別世界(作中では「量子力学の多宇宙解釈」)、俗に言うパラレルワールドをテーマに描く作品である。難解ではあっても非常に興味深く、過去・現在・未来を縦横に行き来するストーリー展開には息を詰めて見入り、異なる時空というものにゾッとさせられた。敵が味方になるなど少年誌的な展開もあり、独特な世界を追求していながら、絵柄とは対照的に入り込みやすい。難しいものを手放さない範囲でストーリー性や「描きたいもの」をしっかり見据えている印象を受けた。

「龍のトルク」という力を持つハルカは、近似値の「別の時空」を見ることができる。存在し得たかもしれない「似ているようで違う過去」や「起こり得る未来」の姿である。しかし、例えばハルカが無数の過去から「望んだ展開」をする過去を見つけたとしても、現在の(つまり、主人公として描かれている)ハルカの時空に影響を与えるわけではない。また未来が見えたとしても、それがそのまま確定するわけでもない。見えた未来とは別の展開が「現在」として確定し、過去へと流れていくこともある。

私たちの世界にはあらゆる可能性、無限の未来がある。それはつまり「幸せな未来」も「不幸な未来」も確定していない未知の世界が待っているということでもある。未来は無数に存在し、その未来はさらに可能性を広げていく。未来として描かれる「ラクリマ時空界」や「シャングリラ時空界」といった世界も、現在のハルカが生きている時空から枝分かれした「可能性の未来」に過ぎない。

幼い頃のハルカやユウたちは年相応の悩みを抱えた普通の子供たちであり、そこには明るい未来が待っているように見える。だが、「ノエイン」と呼ばれる存在がシャングリラでハルカに見せた未来の一つ、現在から数年後の彼女たちの姿は痛ましく、とても明るい未来とは言えない。さらに後の世界ラクリマは絶望を絵に描いたような世界である。

シャングリラとは、そんな不幸な世界に絶望したノエインが作り上げた世界。あらゆる時空を一つにして、この世から「不幸な未来」が生まれるのを防ごうとした「楽園」である。そこには誰も存在しない。誰も存在しないから認識もできない。だが二十四話でトビが語っているように、人と人が存在し、互いに認識することでその存在は確定する。たとえノエインの望む時空が完成しても、誰も認識できない(しない)以上、不幸がない代わりに幸せもまたなかったのではないか。「認識」という意味のノエインが、最終的に誰からも認識されなくなったのは皮肉としか言いようがない。

私がもっとも印象的だったのは、未来のアイ(アマミク)がイサミ(フクロウ)の死を知って祈りを捧げる場面である。同時期(という言葉は変だが)、子どもの頃の二人の距離は縮まりつつある。それが未来のアイの回想だったのか、それとも未来のアイが知っている過去とは違う時空へと進んだ話だったのか。どちらにしても、彼らがアイでありイサミであることは変わりない。過去の二人が幸せな時間を生きたということも、未来のイサミが永遠に失われたということも。

たとえどんな時空であろうとも、そこには未来が待っている。それは幸せでもあり、不幸でもあるだろう。無限の可能性という残酷な現実は、この世のあらゆる人間が受け入れなければならない。だからこそ、人は異なる時空の自分を、違ったかもしれない自分を想像するのかもしれない。変えられない過去を思いながら。

 

四話

『悪くないと思っても自分から謝りなさい。それが仲直りするコツ』

八話

『いいか、覚えておけ。逃げても無駄だ。逃げれば必ず負ける。それが嫌なら戦え、戦う勇気を持て!』

十一話

『量子的時空の安定が失われ、すべての時空が消滅する。・・・全宇宙消滅』

十四話

『もしもし、聞こえますか・・・どこかの時空の私、聞こえてますか?・・・私は元気ですか?・・・ちょっとだけ独り言、聞いてください・・・大好きなユウが悲しんでいるときは・・・助けてあげてください・・・私には・・・』

十五話

『時間も空間も、常に変化し確定しないものだと知ったとき、人間は存在の意味を見失ったのではないのか』

『君が存在する時空。君が存在しない時空。様々な時空は無秩序に分岐拡大していた。まさにカオス。無限の時空、それは無限の不幸なんだよ』

十七話

『傲慢ってなぁ、今生きてる、俺たち大人だけどな。・・・そんな俺たちが、子どもの未来を壊すことなんて、あっちゃいけねぇんだ』

十八話

『でもさ、本当にハルカってここにいるのかい? それとも、この時空は幻じゃないのかい? 君は幻の時空の夢を見続けているだけかもしれないよ』

十九話

『俺は思うんだ。子どもの頃って、直感だけで生きてたんだよな。大人になって社会の仕組みを知るにつれ、知恵だけで生きるようになるんだよ、多分さ』

『でもね、内田君。その科学がカネになると分かった瞬間から、経済学が幅を利かせてくるんだよ』

二十一話

『二人がここにいるから、私もここにいるよ』


「大人になることで自由になれるわけではない」

「子どもの頃には想像もできないほどの苦しみや悲しみに打ち砕かれる」

「だからな、強くなれ。より大きな悲しみや苦しみに出会っても乗り越えられるだけの強さを持て」

『量子的な不確定世界を確定させる現象は、人間の特異な量子的構造が原因となる。人の存在がすべてを確定させる。人は時空が重ね合わさってできている宇宙の根源であり、ネットワークの中心である』

『ラクリマの私は・・・笑ってたでしょ?』

二十三話


「先のことなんて分かんねぇよ」

「でもよ、未来なんて分かんねぇから面白ぇんだろ」

『この時空はね、すべての悲しみが集積した時空。だから人は存在を消した。人の存在が悲しみを生む。認識は誤解の始まりでもあるんだよ。だからね、人は認識することをやめ、個の存在を消し、集合と化した』

二十四話

『存在を確定させるには、人が人を観測し、認識することが重要なんだ。お互いを認識し、分かり合えれば、存在は確定できるんだよ』

『観測者は誰れだ』

 

『ノエイン もうひとりの君へ』

放送期間:2005年10月~2006年3月
原作:赤根和樹、サテライト
シリーズ構成:赤根和樹、大野木寛
監督:赤根和樹
アニメーション制作:サテライト

「Shelter」

 

「Shelter」

 

この作品は音楽プロデューサーであるPorter Robinson(米)が、同じくプロデューサーとして活動するMadeon(仏)と作り上げた曲「Shelter」のMVとして制作された短編アニメである。映像の原案もPorter自身のものであるという。そのため映像と音楽がきれいに融合しており、ひとつの世界観を完成させている。

「Shelter」という言葉が示す通り、少女は狭い世界で生きている。常にタブレットを持ち歩き、可視化された想像の世界を楽しんでいるように見える。だが、そこには常にぬぐいきれない寂しさが付きまとっている。彼女は誰かからの返信を待ち続けているのだった・・・。

物語の結末は私には想像の範囲内であり、驚きはなかった。だが王道と呼ばれるストーリーラインも、描き方を変えるだけでまた違った命を宿す。それは過去、幾度となく繰り返されてきた芸術的実験でもある。

新しいから価値があるのではない。普遍的なものを現代的に描くことによって、新しい「価値」が生まれるのである。そうして誕生したものが、やがて消化され、また別の「価値」を生み出していく。そこには新しい感動が待っているのである。

短い作品ながら、美麗な映像とともに描かれる世界は切なく、愛しい。

 

『Shelter』

公開日(youtube):2016年10月18日(火)
原案・原作:Porter Robinson
監督:赤井俊文
アニメーション制作:A-1 Pictures

公式サイト:http://sheltertheanimation.com/