「宇宙パトロールルル子」

 

「宇宙パトロールルル子」

 

TRIGGER設立5周年記念作品。

今石洋之監督といえば「グレンラガン」に「キルラキル」、以前記事を書いた「パンティ&ストッキングwithガーターベルト」などが思い浮かぶ。この「宇宙パトロールルル子」も独特でユーモラスな世界観をハイテンションとスピーディーな演出で突き抜けていく。

ただ、勢いがあっても見る側を置き去りにしない(させない)のは、作品に込められているメッセージがシンプルで見る側の思考を分散させないからだろう。「ルル子」の場合、一見するとただのギャグアニメで実際その通りでもあるのだが、ローカルな街「OGIKUBO」から宇宙にスケールが広がっていく一方、いくら世界が「普通じゃない」方向に向かおうとも、ルル子は最後まで恋する普通の中学生で、その「無価値」な恋のエネルギーが最終的にブラックホールをも凌駕するという、ただそれだけの話なのである。

結果、ある意味究極の「普通」とも言える「王道」展開で悪は倒され、物語は幕を閉じる。深く考えさせる暇も与えないほどのシンプルさが、この作品のいいところだろう。

いわゆる「ガイナ立ち」やキルラキルネタを挟んだり、実写を背景に取り込んだり、見ていてすがすがしいほどに自由であり、だから気楽で見ていて楽しい。遊び心全開の作品も、ときには必要なのである。

 

11話

『「普通」なんてものは、ほかの誰かが作り上げるものじゃあない。自分が自分で決めることだ。だから一番、大切なんだ』

『刑事や警察に善し悪しなんてない。常にあるのは、人の善し悪しだけだ』

『わかっているじゃないか。本当に大事なものはなくならない。目に見えないものなら、なおさらな』

『初恋をした中学生は無敵だ!相手に思いを伝えることができたのなら、残りの結果はオマケみたいなものだ』

 

『宇宙パトロールルル子』

放送期間:2016年4月~2016年6月
原作:TRIGGER/今石洋之
監督:今石洋之、雨宮哲(第2)
シリーズ構成:今石洋之
アニメーション制作:TRIGGER

 

「君の名は。」

 

「君の名は。」

 

『僕の従来の作品を観てくださっているファンの方たちには、全力を出しきっていて全身全霊なんだということが伝わるんじゃないかと思います。』

この言葉は新海監督へのインタビューの一文だが、『君の名は。』を見ていながら、私の中で一連の新海作品が次々と浮かんでは消えていった。

絶対的な時間のすれ違いは『ほしのこえ』を、輝く太陽をバックにした幻想的な場面は『雲のむこう、約束の場所』を。東京から見知らぬ土地へ旅立つ場面は『秒速5センチメートル』を、アニミズム的な魂のつながり(ムスビ)の考えかたは『星を追う子ども』を。そして御苑を中心とした新宿から四ツ谷あたりの風景や、ケンカで怪我をしたり年上を好きになっちゃうような男子高校生の姿は『言の葉の庭』を、といった具合に。

ただ、この作品が従来の新海作品と異なっているのは、随所で「楽しさ」を描きにきているところだろう。

『今だったら、ど真ん中のエンターテインメントが作れるんじゃないか、と。大前提としてまず楽しいもので、かつ自分がずっと大切にしてきた、日常につながった情緒や情動も思いきり描く作品。自分としてもそういう作品が観たかったんです。』

今までの作品は笑えないほどシリアスで、だからこそ少し暗いイメージもあった。それが新海作品にとってマイナスになっているということはもちろんなく、むしろシリアスに考えさせる作品づくりが監督のテイストだと思うし、その点は今作でも十分に発揮されている。

しかし、今作ではアニメならではのコミカルな場面づくりが見られ、「楽しさ」を意識していることが伝わってくる。監督自身はそれを『サービス』と形容しているが、それは決して観客に対する上辺だけの媚びたものではなく、無理に笑いを取ろうという類いのものでもない。「体が入れ替わったらそうなるよね」という自然な滑稽さなので、純粋に笑えてしまう。そういう掛け値なしの「楽しさ」なのである。

『君の名は。』は、今までの新海作品の終着点のように見えて、始発点のようでもある。それをもっとも感じたのは終盤の描きかたである。少しだけだが、桜の花びらが映る場面がある。新海作品を見ている方なら、そこで『秒速~』を思い浮かべるだろう。それと同時に私にはその結末の苦さといったものも思い起こされた。タイミングも終わりに近く、監督自身も『秒速~』を意識していたのではないか。

私自身は未来をはっきり規定せず、観客に託す終わりかたも嫌いではないのだが、監督はインタビューで『秒速~』についても触れていて、『バッドエンドを描いたつもりはなかった』と語っている。おそらく監督自身には観客に「うまく伝わらなかった」という思いがあったのだろう。私には今作のラストに、そんな監督の伝えたい「思い」が込められているように感じられた。

それは決して『秒速~』の焼き直しではない。漠然とした喪失感を抱かせたままで終わらせず、その先に待ち受けているであろう新たな希望を、見る側にはっきり伝わる形で描く、新海監督が得た新しい方向性の一つなのだと思う。

余談だが、今までになかった点でどうしても外せないポイントがある。それは、過去作品のキャラクターが再登場していることである。プロダクションノートによれば、似ているキャラではなく当の本人という設定だという。これもまた「楽しさ」の追求の一環だったのかもしれないが、『言の葉~』が好きな私にとって嬉しい再会であった。

(タイトル名以外の『 』内はパンフレットに依った。)

 

『君の名は。』

公開日:2016年8月26日
原作・監督・脚本:新海誠
アニメーション制作:コミックス・ウェーブ・フィルム

 

「サムライチャンプルー」

 

「サムライチャンプルー」

 

見始めた手前、最後まで見たが、各話ごとに甲乙あって評価が難しい。ただ、2クールという枠組みありきで、無理に引き延ばした感は否めない。絵も浮き沈みが激しく、特に前半は安定とはほど遠い。粗製濫造といった印象。

特に九話がいい例で、雑な絵で内容もひどい。手抜きなのは明白で、埋めなきゃいけないからと惰性で作ったようにしか見えず、どうしても描きたかったようには到底思えない。テレビ局側の都合とはいえ、テレビ放映が十七話で打ち切られたことも無関係ではないのかもしれない。

細かく見ていけば良い部分もたくさんあった。一話の型破りな殺陣から始まり、八話や二十三話のようなテンポの良いギャグ回、十一話のジンの艶っぽい話、十四話の朝崎郁恵の沖縄民謡に合わせたムゲンの過去編、十五話の女隠密八葉の話、十六~十七話で出会うオクルの話と琵琶の曲、十八話のヒップホップ回、二十~二十一話の盲目の旅芸人沙羅の話・・・と、内容ないしアクションで魅せる話も多かった。

ただ、並べてみれば印象に残った話は中盤以降に偏っている。一話の興奮が二話ですぐに途切れ、序盤が間延びしてしまったのは残念だった。また、ラストも盛り上がりに欠けた。最後まで引っ張るだけの要素も少なかったためだろう。気持ちよく終わる後味はよかったが、この結末を描くためにこれだけの長さが必要だったのだろうかと感じた。

だが、監督が結末よりも道中の旅模様に重点を置いていたと考えれば、むしろ結末は重視するものではないのかもしれない。必死で旅してきたのに結末はあっけないもの。三人にとっては人生という旅の途中で、たまたま一緒になっただけ。それぞれの旅はこれからも続き、違う話がまた始まる。そう考えれば、深いテーマを探そうとするほうが野暮なのかもしれない。

エンディングの雰囲気はMINMIの曲と相まって非常にいい味を出していた。作中でもっとも良かったのはエンディングだと言ってもいいぐらいである。面白いコンセプトだっただけに、もったいないとしか言いようのない作品だった。

 

四話


「けどな、世の中そんなに甘くできちゃいねぇ。おかしいと思ったって、首を縦に振らなきゃいけねぇときだってぇあんだよ」

「くっだらねぇ」

「なに?」

「言い訳しながら生きてんじゃねぇよ。テメェの生き方決めるのはテメェ自身だろ」

 

十一話

『そりゃ、つらいことだってあるわよ。でもね、私は本当に悲しいとき、笑うのよ。悔しいから笑い飛ばしてやるの』

 

十七話

『義理が廃れば、この世は闇よ』

 

二十話


「私は、ずっと暗い道を歩いてきた。でも、人間どんなことにも慣れるものよ。見えなくったって色んなことが分かるようになってくる・・・。だから、憐れだとか思わないでほしい」

「馬鹿言ってんじゃねえよ。あんな唄、幸せな奴に唄えるもんかよ」

『幸せなんて言葉は、ずっと知らなかった。ただ、あの子が生まれたとき、人並みに夢を見ちゃっただけ・・・』

 

『サムライチャンプルー』

放送期間:2004年5月~9月
原作:マングローブ
監督:渡辺信一郎
アニメーション制作:マングローブ