「たまこまーけっと」「たまこラブストーリー」

 

「たまこまーけっと」「たまこラブストーリー」

 

本当に見ていて楽しくて、ときに切なくて、あぁ、いいアニメだなと思った。さすが京アニだけあって、ディテールへのこだわりは群を抜いているし、一本の筋が通った丁寧な話作りは好感を持てる。

テレビシリーズは喋る鳥デラのインパクトが強く、ファンタジー色も濃かったと思う。どこかミュージカル的なテンポの良さに、笑いあり涙ありのドタバタドラマといった感じで、素直に楽しい。

だが、その後を描いた劇場版では、デラたちは冒頭のショートストーリーに登場するだけで、本編にはほぼ登場しない。そういうファンタジー色を廃し、たまこともち蔵の関係を真正面から描いている。ショートストーリーはテレビシリーズと劇場版をつなぐ意味があったのだろう。

テレビシリーズのメイン舞台は、たまこの店もある「うさぎ山商店街」であり、その商店街の住民たちも、ことあるごとに登場する。テレビシリーズは、そんな商店街の住民たちを含め、餅屋の娘として生きているたまこの「場所」の話だったのに対し、劇場版は、そんなたまこの内面に踏み込んだ、「たまこ自身」の話なのだと思う。女子高生である等身大のたまこを描くため、学校のシーンも多くなっていたのではないか。

幼い頃に母を亡くしているたまこは、女子高生の自分というより、自分の家、餅屋の娘であるという意識が強いのだろう。だから、いつか自分も恋愛をすると思ってはいても、どこか自分以外の世界の出来事のように感じている。だから、王子との結婚話が持ち上がったときも、自分のことより周囲の人間たちの変化のほうに戸惑ったのではないだろうか。

そんなたまこが、もち蔵の気持ちを受け取ったとき、漠然と「餅屋の娘」として生きていこうとしている自分から、はじめて、恋愛をする「17歳の自分」に目を向けることになる。日常はゆるやかに、あるいは突然に変化していくが、そんな変化を受け入れ、彼女が一歩を踏み出す最後は、希望にあふれていたと思う。

 

11話

『大事なものを手放すことで、手に入るものもある。手元にあることだけが、幸せではないのかもしれない』

『変わりたくない、変わりたい。人の心は裏腹で、背中合わせの思いを抱え、どっこい、明日を生きていく』

劇場版

『今日はいつでも、昨日とは違う。だから素晴らしい。そして、少し寂しい。その寂しさが、日々を味わい深くする』

『後悔の苦さは、何かをした証』

『男だ。自分が決めたんなら、それでいいだろ』

 

『たまこまーけっと』

放送期間:2013年1月~3月
原作:京都アニメーション
監督:山田尚子
シリーズ構成:吉田玲子
アニメーション制作:京都アニメーション

『たまこラブストーリー』

公開日:2014年4月26日
原作:京都アニメーション
監督:山田尚子
脚本:吉田玲子
アニメーション制作:京都アニメーション

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。