575/57577(2016年)

 

 

2016

 

 

孤独たる人の生は冬の虹

a rainbow

 

変われない人間だっているんだよ

"Change!"

 

ゴマ粒をひとつつまんで花思う

a sesame seed

 

白冬にぷっくり尻の木守柿

puri puri

 

何事も一期一会と空に聞く

one time

 

枯葉舞う黄金の道や冬朝日

kin-iro

 

落ち葉踏み鳩も紅葉を狩るのかな

"saku saku…"

 

冬の日にave mariaの流れゆく

2013.12.10

 

(2016年12月12日(月))

 

まだ若さ残っているかと月に問う

34

 

「どこへ行こう」 旅はそこで終わるらし

daydream

 

園児ゆくホームレスの横未来あり

Where is the future?

 

生きるとは隣り合わせに歩くこと

together

 

たまゆらに生きる命の短きこと

short, short, very short

 

一生は一生二度と来ないのよ

never come, never

 

苦しさは越えなきゃ楽しくならないの

too hard

 

幸せはどこにも転がる団子虫

koro koro

 

(2016年11月14日(月))

 

足るを知り足らぬところに意地を足す

satisfaction / patience

 

不自由も知らなければ自由なし

inconvenient freedom

 

そむけることも必要なんだ人生は

see no evil

 

どこまでも白き月はそこにいる

white moon

 

駆け回る兄を追いかけ車いす

run

 

新聞をボルトのごとく読み抜けり

high speed!

 

閑けさや蛍も蚊も夏の夜

firefly, mosquito, and summer night

 

夏草や刈り取られて夢の跡

summer grass

 

龍の子も飼いなさるか虫のカゴ

a baby dragon in the insect cage

 

夏影に線香流れ空に消ゆ

残り香や薄まり夏の空に消ゆ

a stick of incense

 

緑葉落つその瞬きや夏世界

tamayura

 

向日葵や見上げる目を見下ろす目

"Where do you look at?"

 

鮎釣りの魚の重みや生けるもの

uo

 

すれ違う椨の香をまとう人

すれ違う椨の香りや夏の空

tab

 

アリ並びセミのいのちをちぎるかな

it's a small life

 

野分さり紫苑の衣や墨流れ

inked in

 

階段をのぼり入道駆け上がる

\sky high/

 

青空に手のひら高くプラタナス

the platanus redemption

 

男「次」女「今よ」と蝉時雨

 

(2016年8月29日(月))

 

夏の陽に揺れる楓若葉かな

shiny day

 

空も地も空色づくし梅雨の空

sky color

 

騒がしきアメにカミナリ送り梅雨

"Good-bye, rainy day!"

 

幼少のビワをむく日夏を知る

be-wa

 

夕暮れに浮かぶ綿あめ朱に染まる

sweet cloud

 

(2016年7月26日(火))

 

のっぺりと突いても動かんガマガエル

"I'm taking a shower…"

 

梅雨寒に何を着ようアマガエル

"I don't know!"

 

梅雨入りに清く濡れし額の花

 

虹色のアジサイ人に似たるかな

rainbow color

 

うで組んで駆ける二人の足軽く

Where are you going?

 

光差す碧の中に春夏の

風に抱かれ梅雨の眠らん

spring/summer

 

(2016年6月21日(火))

 

夏草やアスファルトを割ってくる命

 

春小径姫女苑我ひとり咲く

 

鈴蘭や緑葉従え風の中

鈴蘭や緑葉残し先に逝く

ring ring ring…

 

(2016年5月31日(火))

 

閑けさや湖の水面もさみだるる

shidukesaya / umino minamomo / samidaruru

 

奮い立ちやはり座らん春時雨

昂ぶりて冷ます夜寒の春時雨

 

水滴の一つひとつが命なり

water / life

 

花曇り水辺の匂やアマガエル

hanagumori / mizubeno nihoya / amagaeru

 

春の夜に風の音に此の時に

noni

 

我置きて立夏なるなり雲早し

rikka

 

生まれ出で戻れぬままに干からびる

蚯蚓も人も末は違わず

mimi zu

 

葉が揺れる夏が来るよとささやいて

 

(2016年5月17日(火))

 

風に揺れ命さざめく葉桜の

涙落とさん遠き肥後にも

 

(2016年4月16日(土))

 

春雷も浅き眠りに溶けるかな

 

人も木も年輪重ね大樹なる

a growth ring

 

桜降るハラハラヒラリ宵の月

 

花曇り待つはあの人花筏

 

ノラ犬のごとく歩き世を憂う

a stray dog

 

春風に白タオルのなびく朝

a white towel

 

(2016年4月12日(火))

 

明けの月ぽつぽつさくら白きこと

 

桃色に道を染めたる吉野かな

 

重たげに蜜なみなみと椿落つ

 

木蓮のつぼみ柔らか春近し

 

ラジオからスピッツ流れる春の朝

"Robinson"

 

春雨や空気も温む卯月かな

on April

 

汗かきて風や涼しき春到来

 

春小雨ウグイス鳴くもついぞ見ず

 

春陰や雲も重たき夏目坂

 

(2016年4月5日(火))

 

人もなく賑わい離れ山桜

alone alone

 

風光り息吹の匂い春近し

the spring has come

 

雀鳴く巣を作っているのかな

singing sparrows

 

調子外れのうたごえに

更けゆくかな春の三日月

crescent moon

 

明日にて昨日を思う今日の朝

"What's today's date?"

 

(2016年3月28日(月))

 

泡を割り失われしと水替えり

(泡終わり失われしと顧みず)

bubble

 

甘きことドーナツと恋ごころ

so sweet

 

遠く往くアヒルの子ら帽朱く

kindergarten

 

(2016年3月8日(火))

 

 

2016年8月16日(火)公開

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。