575/57577(2014年)

 

 

2014

 

 

【秋 三編】

 

軒先に静かに咲く彼岸花

Lycoris

 

しとやかな楓の木も今ばかり

身を燃やさんと紅く色づく

Acer

 

夕焼けや天も地もなくただ赤く

SUNSET

 

(2014年11月4日(火))

 

【初秋 四編】

 

鳴き残るヒグラシの羽の音

T.japonensis

 

秋の風に青空に雲の流れに影に我が息遣いに

flowing

 

雨後の青き中を歩きたる秋

a blue air,

 

夕紅葉空の果てまで赤き海

and a red world

 

(2014年10月7日(火))

 

【晩夏 七編】

 

樹の洞に底なしの命見る

KINO URONI / SOKONASHINO / INOCHI MIRU

 

鳥の羽や緑の中を落ちてくる

A FEATHER

 

黒き実にトンボ誘うヤブミョウガ

KUROKIMINI / TONBOIZANAU / YABUMYOUGA

 

風揺るるサンゴシトウの赤つぼみ

A RED BUD

 

蝉殻の雨に寒く夏の朝

SENKAKUNO / AMENISAMUKU / NATSUNOASA

 

水青く緑濃きかな雨後の園

BLUE BLUE RAIN

 

セミ遠く朱に染まるなり雲の峰

CUMULUS/NIMBUS

 

(2014年9月8日(月))

 

【夏 十編】

 

すだれと青空 夏

BAMBOO BLIND, BLUE

 

ふりはやみふりはやみて朝顔の

ツルの巻くさき水伝う

MORNING GLORY

 

夏の陽にしづかに今もプラタナス

OLD PLATANUS

 

夏空に染井の木も軽やかに

SOMEI

 

雨の間に可愛らしきひつじ草

HITSUJIGUSA

 

風に乗り腕に乗る小蟻かな

SMALL TRIP

 

梅雨明けにヤマモモの葉の身の軽さ

BAYBERRY

 

青空にせみの一声夏がくる

FIRST SHRILL

 

ハルニレの太き株に蝶とまる

JAPANESE ELM

 

黐の花帽子の上に咲かすかな

MOCHINOHANA / BOUSHINO UENI / SAKASUKANA

 

(2014年7月15日(火))

 

【梅雨 八編】

 

雷鳴にぬっと飛びおき送り梅雨

"THUNDER!"

 

夏小道アオに染める若楓

BLUE PATH, SUMMER

 

路地裏に紫煙揺れる梅雨の朝

SMOKIN' RAIN

 

紫陽花のほくろのごとき小蟻かな

SMALL ANT

 

五月雨や孤独な音の満ちる日々

RAIN = TEARS

 

水たまり青と白の水たまり

BLUE AND WHITE

 

姫女苑けなげに咲いて夏来る

ERIGERON ANNUUS

 

春紫苑姫女苑額紫陽花

IASIJAUKAGNOOJEMIHNOIJURAH

 

(2014年06月29日(日))

 

【春 五編】

 

春陰にたんぽぽ綿毛の揺れる朝

fluff

 

おさな子の小さき足に靴履かす

母の背に春の陽は差す

in a sunny day

 

影絵の中で遊ぶかな夕暮れの街や劇場となりぬ

shadow picture

 

蝶が舞いコート重たき白つつじ

white azalea

 

錦鯉 花筏をゆらすかな

nishikigoi / hanaikadawo yurasukana

 

(2014年5月12日(月))

 

【春 九編】

 

走り去るバスの音さえ春陽気

"brororo…"

 

ホットケーキとコーヒー 春

maple & butter

 

ben folds fiveと春風と

"philosophy"

 

春宵に解き放たれし満月夜

full moon

 

夕闇に花の香る春の宵

perfume

 

たおやかな小雨の中のツツジ花

azalea

 

花ちるや走り出す背に恋をする

a shower of blossoms

 

花筏カエルの子も花見かな

tadpoles

 

紅梅の花弁伝ふ朝露に

やがて来る春は映りし

beniumeno / hanatsutau / asatsuyuni

/ yagatekitaru / haruha utsurishi

 

(2014年4月20日(日))

 

『春 九編』

 

砂糖きらめく春日向

sugar

 

幼な子のあしあと消えし春の浜

spring beach

 

夜桜のこっちという声がする

"I'm here."

 

こぶしの庭に咲きたるを

夢に見ながら冬の陽の中

in a sunny place

 

春はじめ澄んだ空に花こぶし

magnolia kobus

 

夢の野を転がり落ちぬ紅椿

in a dream

 

鼻唄の向こう側に桜咲く

humming a song

 

ラブリースプリング桜色

spring, cherry, color

 

桜落ちはらりはらりと春

fluttering petals

 

(2014年4月27日(日))

 

『no_title』

 

飯食いながら津波見る吾等

吾身やとうに風化せん

the person

 

空は遠いいから青いのだ

blue, blue

 

溶け去る時間の行方や我知らず

a lapse of time

 

(2014年3月31日(月))

 

『春 六編』

 

コートの前を開けて春日和

a coat

 

白雲の巡る先に春あらん

destination of the cloud

 

黄昏や夕焼け運河の帰り道

in the twilight

 

風揺るる桜ちょうちん春の宵

a cherry lantern

 

背に合わぬ荷物を抱え走る子の

足音も花となるかな

an entrance ceremony

 

春の夜に風の音を聞く

"blowin' in the wind"

 

(2014年3月31日(月))

 

『春 四編』

 

散髪の頭をなでし春の風

haircut

 

窓際に腰掛け春の空を見ゆ

at the window

 

横顔にうっすら刷く朧月

a hazy moon

 

沫雪の春に溶けて消ゆ

awayukino / haruni tokete kiyu

 

(2014年3月18日(火))

 

『早春 八編』

 

春夜の雨の音も咲くかな

haruyono ameno otomosakukana

 

紅梅やふっくら頬の内裏さま

koubaiya / fukkura hohono / dairisama

 

雪落ちて映える椿の紅の色

camellia

 

春初めまんさく散るらん雪の朝

hamamelis

 

雪しろに魚のはねる川せせら

yukishironi / uono haneru / kawa sesera

 

流氷の鳥飛びたちて波しぶく

drift ice

 

白煙り芽吹く大樹の枝細く

shirokeburi / mebuku taijuno / edahosoku

 

我が空を吹き抜け春風

spring bless

 

(2014年3月9日(日))

 

『no_title』

 

嫉妬をコーヒー流し込む

jealousy

 

しかたない人は死ぬしかたない

"…"

 

(2014年2月23日(日))

 

『水氷 六編』

 

氷柱のピアノや春の音もするかな

an icicle

 

氷柱がさっくり落ちてまた冷える

"oh…"

 

つららから落ちる水に何映る

tsurarakara / ochiru mizuni / naniutsuru

 

雪合戦させるかな江戸の雪

snowball fight!

 

冬の川揺らめく水面穏やかに

遠く鳥の鳴く声を聞く

winter river

 

凍てつく空に川にキリキリと

kiri-kiri

 

(2014年2月23日(日))

 

『雪 六編』

 

いつもより輝けるかな雪の朝

snow morning

 

流れてはとまる吹雪の呼吸かな

snow bless

 

雪の日や犬も子も大興奮

"Bow!Wow!"

 

雪山にあしあとつける親子かな

"It's a small mountain"

 

東京の雪景色や雨に濡れ

Tokyo sleet

 

粉雪に電車を人を時を待つ

time being

(2014年2月9日(日),14日(金) 東京大雪の日に)

 

(2014年2月16日(日))

 

『no_title』

 

いつの世も変わらぬかな学舎の

制服の徒や走りまわらん

a school garden

 

我が心音に生を知る

beating

 

(2014年2月2日(日))

 

『冬 三編』

 

白断の息もできぬ雪しまき

hakudanno / ikimodekinu / yukishimaki

 

如月の雨の匂いや春近く

kisaragino / amenonioiya / haruchikaku

 

春風にピンク色のタオルはためく

spring wind

 

(2014年2月2日(日))

 

『sea』

 

どこまでも人を寄せぬ冬の海

dokomademo / hitowoyosenu / fuyunoumi

 

鰤起し今日もどこかで鳴るのかな

winter thunder

 

無数の命のあぶく波の花

musuuno / inochino abuku / naminohana

 

この海の底は見果てぬ別天地

konoumino / sokoha mihatenu / betsutenchi

 

この海の底は暗く見果てぬも

そこにはたしかに底はある

soko

 

海の色は色々空の色

color

 

(2014年2月2日(日))

 

『冬 六編』

 

寒雷の布団の向こうに追いやれり

"I'm sleeping…"

 

ぎゅっぎゅっと歩く雪の上

snow load

 

霜晴れの引き締まった道をゆく

shimobareno / hikishimatta / michiwoyuku

 

凍滝のつららの先のひとしずく

itetakino / tsuraranosakino / hitosizuku

 

春日陰ひっそり霜の花

haruhikage / hissori shimonohana

 

一月の冬眠る小春日に

猫がのびてあくびする

a cat's yawn

 

(2014年1月28日(火))

 

『no_title』

 

あの時の言葉の意味を今解す

I'm still a boy

 

通い路も5分遅れの別世界

five minutes later

 

一人句を編む喫茶にて

孤独はいつもそこにある

people

 

人類のガイア理論片思い

"James Lovelock"

 

(2014年1月13日(月))

 

『冬 十一編』

 

積もらぬと知るも淡き江戸の華

Tokyo snow

 

曇り日にカラスの黒や遠ざかり

dark and gray

 

小春日の今がこの世の春である

koharubino / imagakonoyono / harudearu

 

もそもそと芋虫の眠る朝

caterpillar

 

初雪の両手を伸ばす冬の窓

hatsuyukino / ryoutewo nobasu / fuyunomado

 

初雪に両手を差し出す冬の朝

hatsuyukini / ryoutewo sashidasu / fuyunoasa

 

散り際の一葉落ちる刻を待つ

a last leaf

 

枯れ原に立つ背を遠く見ゆ

karebarani / tatsusewo tookumiyu

 

枯れ草の風に匂わじ冬の野を

駆け回るらん過ぎ去りし日

winter field

 

夢の転がる枯野かな

yumeno korogaru karenokana

 

雨上がる冬の朝に春を見ゆ

morning after rain

 

(2014年1月13日(月))

 

門松も人も倒る三が日

"HAPPY NEW YEAR!"

 

(2014年1月5日(日))

 

 

2016年8月26日(金)公開

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。