575/57577(2013年)

 

 

2013

 

 

『no_title』

 

トイレにいく時間ももどかしく

"fun! fun! fun!!"

 

シュトーレン一枚ずつ年も暮れ

stollen

 

「仕方ない」と笑う鏡の向こう側

myself/yourself

 

イヤホンをほどく時間も休みかな

earphone

 

芋虫の水に溺れるを見ゆ

imomushino / mizunioboreruwomiyu

 

「餌はやっても野良猫は飼わぬ」卑しき者

その糞のごとき面を見よ

egoist

 

(2013/12/16)

 

【晩秋 四編】

 

しいの葉の虫食いの空を見ゆ

SHIINOHANO / MUSHIKUINO / SORAWOMIYU

 

さわさわとしいの葉の碧ゆれ

SAWASAWATO / SHIINOHANO / MIDORI YURE

 

枯れ葉の雨の中を往く

golden rain

 

枯れ葉の雨の金世界

golden world

 

(2013/11/30)

 

『晩秋初冬 十編』

 

紅葉の黴のごとく山染める

kouyouno / kabinogotoku / yama someru

 

落葉の地に降るほかに音もなし

rakuyouno / chinifuru hokani / otomonashi

 

霧雨の遠く歩む人の影

kirisameno / tooku ayumu / hitono kage

 

朝霧のごとくビルの間を

沈殿するやガスに吐息に

asagirinogotoku birunomawo

/ chindensuruya / gasuni toikini

 

缶チューハイの横にうずくまる

女の肩にかかる朝日

"It will be fine today."

 

秋風に花野の庭園彩世界

akikazeni / hananono teien / sai sekai

 

音もなく枯れ葉を濡らす時雨かな

otomonaku / karehawo nurasu / shigurekana

 

秋深し産毛の舞う朝日かな

akifukashi / ubugenomau / asahikana

 

秋空にJames Tailor軽やかに

"fire and rain"

 

紅葉の枯れる秋の美しさ

kouyouno / kareru akino / utsukushisa

 

(2013/11/25)

 

『no_title』

 

背中とともに丸まる気性かな

an old

 

うえからしたまでもらいもの

a child

 

風もなく穏やかな日にカラス翔ぶ

kazemonaku / odayakanahini / karasu tobu

 

朝焼けに赤子泣いてカラス鳴く

asayakeni / akago naite / karasu naku

 

つり革に手が届くか子供の手

tsurikawani / tegatodokuka / kodomonote

 

(2013/11/18)

 

『秋 十五編』

 

通り雨人も猫も急ぎ足

TOORI AME / HITO MO NEKO MO / ISOGIASHI

 

秋雨にジャズとチーズケーキかな

AUTUMN / JAZZ / CHEESE CAKE

 

秋深く雨のように枯れ吹雪

AKI FUKAKU / AMENOYOU NI / KAREFUBUKI

 

青空にため息ついて秋の風

AOZORANI / TAMEIKI TSUITE / AKINO KAZE

 

枯れ草の色ないまぜ野分かな

KAREKUSANO / IRO NAIMAZE / NOWAKIKANA

 

ひと風に夏の消ゆる野分雲

HITOKAZENI / NATSUNO KIYURU / NOWAKIGUMO

 

つま先の薄皮はがし更ける夜

TSUMASAKINO / USUKAWA HAGASHI / FUKERU YORU

 

台風や悪童のごとき騒がしさ

TROUBLE!

 

台風や人犬猫の目目目目目

WINDOW

 

秋雨や曼珠沙華の銀の粒

RED AND SILVER

 

秋霖や波紋とつとつ水面かな

SHUURINN YA / HAMONN TOTSU-TOTSU / MINAMOKANA

 

水と空アシンメトリー秋の湖

WATER AND SKY

 

深まりて絢爛なるや秋の沼

A SWAMP

 

一面に枯れ色草の紅葉かな

ICHIMENN NI / KAREIRO KUSANO MOMIJIKANA

 

たなびいて物枯れ色の草紅葉

TANABIITE / MONOGARE IRONO / KUSAMOMIJI

 

(2013/10/27)

 

『no_title』

 

路地裏でゴミクズ笑う声がする

Dirty

 

好かれる感謝される誉められる

それだけで人は生きていける

Pure

 

(2013/10/10)

 

『no_title』

 

食べて吐いて金曜日

It's Friday night!

 

月曜のシカバネ累々朝日かな

Monday's killer / Dream is over.

 

(2013/10/10)

 

『初秋 七編』

 

秋の朝白露に映るお天道

AKINO ASA / HAKURONI UTSURU / OTENTOU

 

不知火のいまだ見ぬごとく -世界

SHIRANUINO / IMADA MINUGOTOKU / -SEKAI

 

雨に濡れ花野の色の中に立つ

AMENINURE / HANANONO IRONO / NAKANI TATSU

 

玄関の鈴が鳴って秋の空

GENKANNO / SUZUGA NATTE / AKINOKAZE

 

あの店もこの店も閉じる秋

ANOMISEMO / KONOMISEMO TOJIRU / AKI

 

うろこ雲のどこまでも広がるを

散る波頭のごとく見ゆ

UROKOGUMONO / DOKOMADEMO / HIROGARUWO

/ CHIRU HATOUNOGOTOKU / MIYU

 

どこまでもいわし雲のごとき日々

DOKOMADEMO / IWASHIGUMONO GOTOKIHIBI

 

(2013/10/01)

 

『夏 十編』

 

繁る枝葉切り取る青空仰ぎ見て

夏の訪れ実感す

SHIGERU EDAHA / KIRITORU AOZORA / AOGIMITE

/ NATSUNO OTOZURE / JIKKANSU

 

パンくずを取りあうアリの根比べ

PANKUZUWO / TORIAU ARINO / KONKURABE

 

パンくずをひっぱるアリの大きさよ

PANKUZUWO / HIPPARU ARINO / OOKISAYO

 

しゃくとりのヒョコヒョコ歩くひざの上

SHAKUTORINO / HYOKO HYOKO ARUKU / HIZANOUE

 

シャッター泣き台風のち雲きれる

SHATTA-NAKI / TAIFUU NOCHI / KUMO KIRERU

 

蝉時雨魂運ぶ鎮魂歌

SEMISHIGURE / TAMASHII HAKOBU / CHINKONKA

 

真夏日に蝶のふわりと夕涼み

MANATSUBINI / CHOUNO FUWARITO / YUUSUZUMI

 

こんこんと眠り続け夏の朝

KONKONTO / NEMURITSUDUKE / NATSUNO ASA

 

過ぎし日の空に眺める入道雲

SUGISHIHINO / SORANI NAGAMERU / NYUUDOUGUMO

 

かさかさの祖母の肌と夏の蝉

KASAKASANO / SOBONO HADATO / NATSUNO SEMI

 

(2013/08/16)

 

『夏 九編』

 

夏の昼あけた窓に風ぬけて

すべてのことがどうでもよし

NATSUNO HIRU / AKETA MADONI / KAZE NUKETE

/ SUBETENOKOTOGA / DOUDEMOYOSHI

 

人の気も知らずに青き夏の空

HITONOKIMO / SHIRAZUNI AOKI / NATSUNO SORA

 

山笑ふ遠き日の家族旅行

YAMA WARAU / TOOKIHINO / KAZOKURYOKOU

 

熱帯夜孤独な夜の鈴の音

NETTAIYA / KODOKUNAYORUNO / SUZUNO OTO

 

飛びはねる菜の花畑の夢のゆめ

TOBIHANERU / NANOHANABATAKENO / YUMENO YUME

 

まばゆかしヒマワリ畑の迷路ゆく

MABAYUKASHI / HIMAWARIBATAKENO / MEIRO YUKU

 

カバンを枕にして夏の空

KABANWO MAKURANISHITE / NATSUNO SORA

 

何言かささやきあうアリ2匹

NANIGOTOKA / SASAYAKIAU / ARI 2HIKI

 

水上がり遠くピアノの響けるを

日差しの中に届くままに

MIZU AGARI / TOOKU PIANONO / HIBIKERU WO

/ HIZASHINONAKANI / TODOKUMAMANI

 

(2013/07/26)

 

『no_title』

 

二階から腕を伸ばす「忘れもの!」

NIKAI KARA / UDEWO NOBASU "WASUREMONO!"

 

深海の底に沈む梅雨の夜

SHINKAINO / SOKONISHIZUMU / TSUYUNO YORU

 

偽善とはきれいごとのお仲間です

HYPOCRISY:WHITEWASHING

 

寂しがり恋しがるのさ人間は

A LONELY HUMAN

 

(2013/06/26)

 

『no_title』

 

隣人の味噌汁香り目が覚める

RINJIN NO / MISOSHIRU KAORI / MEGASAMERU

 

新緑や春を飛び越え夏の風

SHINRYOKUYA / HARUWO TOBIKOE / NATSUNO KAZE

 

絵の具にじませ梅雨アジサイ

ENOGU NIJIMASE / TSUYU / AJISAI

 

梅雨の日に並ぶハンガー待ちわびる

TSUYUNO HINI / NARABU HANGA- / MACHIWABIRU

 

(2013/06/06)

 

『春 6編』

 

春の日になめくじの光るあと

HARUNOHINI / NAMEKUJINO HIKARUATO

 

手袋の片ほうだけが春の風

TEBUKURONO / KATAHOUDAKEGA / HARUNOKAZE

 

背もたれにツツジの香る五月晴れ

SEMOTARENI / TSUTSUJINO KAORU / SATSUKIBARE

 

タッと階段下りる休み前

TATTO / KAIDAN ORIRU / YASUMIMAE

 

水温み風吹き抜けて春

MIZU NURUMI / KAZE FUKINUKETE / HARU

 

春風に昔の弁当においする

HARUKAZENI / MUKASHINO BENTOU / NIOI SURU

 

(2013/05/17)

 

『no_title』

 

喫煙の肩身の狭き業のゆえ

KITSUEN NO / KATAMINO SEMAKI / GOUNOYUE

 

信用を失う寂しさ

SHINNYOUWO / USHINAU / SABISHISA

 

自殺という自己表現の虚ろさよ

JISATSUTOIU / JIKOHYOUGENN NO / UTSUROSAYO

 

手の平を転がり落ちる百円玉

小銭も逃げるか我が運のなさ

TENOHIRAWO / KOROGARIOCHIRU / HYAKUENNDAMA

/ KOZENIMONIGERUKA / WAGAUNNNONASA

 

いそがしく走るせなかランドセル

ISOGASHIKU / HASHIRUSENAKA / RANDOSERU

 

空に舞うビニール袋と春の風

SORANIMAU / BINI-RUBUKUROTO / HARUNOKAZE

 

自分に何ができたのか

思い返す 3.11

JIBUNN NI NANIGA DEKITANOKA

/ OMOIKAESU 3.11

 

石鹸の浮かぶ泡をフッとやり

SEKKENN NO / UKABUAWAWO / 'FU' TTOYARI

 

『冬 九編』

 

オーブンのあまった熱に手をかざし

ケトルが沸いては抱きかかえ

O-BUN NO / AMATTA NETSUNI / TEWO KAZASHI

/ KETORUGA WAITEHA / DAKIKAKAE

 

「火の用心」旗のむこうに猫の顔

「HINOYOUJIN」 / HATANO MUKOUNI / NEKONO KAO

 

冬の日の吐く息白く寒椿

FUYUNOHINO / HAKUIKI SHIROKU / KANTSUBAKI

 

寒さに凍え逃げたくても逃げられない

自分が選んだこの場所から

SAMUSANI KOGOE / NIGETAKUTEMO / NIGERARENAI

/ JIBUNGA ERANDA / KONOBASHOKARA

 

雲早くプラネタリュウムのごとき空

KUMO HAYAKU / PURANETARYUUMUNO GOTOKISORA (planetarium)

 

屋根の雪ぽたぽた雫模様

YANENO YUKI / POTAPOTA SHIZUKUMOYOU

 

春近く螺旋階段花開く

HARU CHIKAKU / RASEN KAIDAN / HANA HIRAKU

(螺旋階段に差す陽射しが花びらのような影を作る)

 

春寄りの曇り空の冬の朝

友人と遊ぶ夢を見る

HARUYORINO / KUMORIZORANO / FUYUNO ASA

/ YUUJINTO ASOBU / YUMEWO MIRU

 

仕事なく俺を抜き去る春一番

SHIGOTO NAKU / OREWO NUKISARU / HARUICHIBAN

 

『no_title』

 

合奏の音なりひびく母校を

見上げて遠くうらやむ日

GASSOUNO / OTO NARIHIBIKU / BOKOUWO

/ MIAGETE TOOKU / URAYAMU HI

 

会話の中ふと発せられる一言に

人のやるせなさ思いやる

KAIWANONAKA / FUTO HASSERARERU / HITOKOTONI

/ HITONO YARUSENASA / OMOIYARU

 

麻薬なりカフェインと甘いもの

DRUG / CAFFEINE / SWEETS

 

『雪 七編』

 

雨ふくむ雪の重さに枝しなる

AMEFUKUMU / YUKINO OMOSANI / EDA SHINARU

 

降り積もる傘を払うまた積もる

FURITSUMORU / KASAWO HARAU / MATA TSUMORU

 

初雪に振り袖映える白霞み

HATSUYUKINI / FURISODE HAERU / SHIROGASUMI

 

雪の日に傘もささぬ子供たち

YUKINOHINI / KASAMO SASANU / KODOMOTACHI

 

初雪に寝転ぶ子供どこへいく

HATSUYUKINI / NEKOROBU KODOMO / DOKOHEIKU

 

雪の日の不思議な温かさ

AMENOHINO / FUSHIGINA ATATAKASA

 

こおり雪足元みる江戸っ子よ

KOORIYUKI / ASHIMOTO MIRU / EDOKKO YO

(2013年1月14日 東京、大雪の日に)

 

 

2016年8月23日(火)公開

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。